前へ
次へ

結婚式で白無垢を着てみたい伝統的な神前式

近年、和装での結婚式(挙式)に憧れる女性が増えています。
白無垢、黒引き袖、色打掛けなど挙式の和装はいろいろありますが、挙式にしか着ることが許されない白無垢は一番人気があるようです。
白無垢を着て挙げる結婚式は、日本の伝統的な挙式である神前式です。
神社もしくはブライダル場内の神殿にて行われ、参列者は両家の親族のみというのが基本です。
新婦の衣装は白無垢に白い綿帽子、新郎は白足袋、白草履に五つ紋付袴という日本古来からの伝統ある正統な装いです。
白無垢に綿帽子という組み合わせは、挙式のときのみに許される最も格が高い花嫁衣装とされていています。
小物まで全てを白で統一した純白の衣装を身にまとった花嫁は、神々しくもあり息を呑むほどの美しさです。
また黒引き振袖に角隠しも凛とした雰囲気になり、柔らかな印象の綿帽子とは対照的で近年人気がでてきています。
雅楽が流れる中、巫女に導かれて神前までの参道を新郎新婦と親族が神殿へと向かう「花嫁行列」は、厳かで格調高く空気が澄んだ雰囲気中、自然と背筋がすっと伸び、花嫁をより美しく花婿をきりりと引き立てます。
白無垢での結婚式は日本でしか挙げることができません。
白無垢の意味はいろいろありますが、「嫁ぎ先のどの家風にも染まります。
」という意味もあるといわれています。
家と家を結びつけるという意義をもつ神前式で着る花嫁衣裳としては、うなずける意味です。

Page Top